プロフィール

ルイねえ

Author:ルイねえ
* ただ今 専業主婦
* 犬好き(キャバ好き)
* かぎ針編みも好き
* 料理は嫌い
* 埼玉県在住

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

petit*

よろしかったら



リンク

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

*

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ちの朝

2012.02.29 22:31|ルイ

2月23日 朝 ルイが虹の橋へと旅立ちました。





1年以上前から寝るときは必ず必ず 携帯を枕元に置くようにしている
ルイのことで電話があってもすぐ出られるようにと


朝6時過ぎに携帯が鳴った

この日は運悪くマナーモードになっていて気付くのが遅くなってしまったけど
早朝の電話で ルイに何かあったのだと とっさに思った

妹からの電話で 出たらなぜか切れてしまい かけ直すも繋がらず

その前に着信のあった母に急いでかけると

「ルイちゃんの心臓が止まっちゃったんだよ」

頭が混乱して訳が分からず状況を聞くと

水を飲みに行ったときに発作が起きて倒れてしまったと

過去にも何度か発作はあったけど乗り越えられたのに・・・



でもね 最初に思ったのは あまりに苦しまずに逝けたのならよかった。って

一昨年の年末に初めて発作を起こして その頃から頭の片隅ではいつかと覚悟していた

だけど その時を静かに迎えることができるのか ずっと心配してたから



TV電話で「ルイちゃん ルイちゃん」て何度も呼びかけたけど 起きてくれなかった





昼前に実家に着き ルイと対面

体にはいつものブランケットがかかっていて温かかったけど 頭は冷たかった

何も考えられず 何も話しかけられず ただただ撫でた



その日 私はいつものようにルイとリビングで寝た

何度も起きては時間を確認する

ルイとのお別れの時間が迫ってくるのが嫌で 気になって仕方ない

6時過ぎに目が覚めたとき 昨日のこの頃の時間だったんだなと考え
もう一度時計を見ると 6:33
一番最初に母から電話がかかってきた時間と同じだった

途端に涙が溢れ出できて でも堪えながら 気付かれないように静かに泣いた



10時前に家を出て お花を買い お別れの場所へ向かう

自分たちで お花やおやつを添えられるのかと思っていたけど させてもらえなかった

準備ができましたと呼ばれる

それは いよいよ本当に最後のお別れのとき

父が嗚咽を上げて泣いていた 妹も号泣

それを見た私は またしても泣くのを我慢してしまった

最後の最後なのに ルイに「ありがとう」も言えず

「今すぐには行けないけど待っててね」としか言えなかった

なんて私はサイテーなんだろう





このブログを書くまでずっと ルイがいなくなったことに向き合えないでいました

信じられない 信じたくない

頻繁に行ってたトイレも お水の場所も いつも寝ている定位置も見ないようにしてた

朝起きたとき 出先から帰ったとき どうしてもルイを思い出してしまう場面でも
私の頭はシャットダウンして考えないようにしてしまってたけど

今 思い返しながら やっと向き合うことができるようになった気がします





ルイが逝ってしまった日 ふとこの歌詞が頭に浮かんだ

「どんな言葉を使えば もっと心通じあえたかな」

「大切な事は全部 君ひとりで抱えていた
 言いたい事何も言わず 放してしまった手のひら 思い出すよ今でも」

痛いも辛いも言えなくて 分かってあげられなくてごめんね

もっと助けてあげられなくてごめんね・・・



「一秒ごと出会った日が遠ざかってゆくけれど 変わらずに君は生きてる 胸の中で」

「ありがとうの想いを伝えたいよ そっと君のもとへ
 遠く離れてしまっても 思い出に満ちた未来へ
 瞳を閉じれば 君と過ごしたあの季節が思い浮かぶ
 ふたりの記憶つないでいく今日も そっと小さな温もり集めて」

今は やっとこう思えるようになってきたからね





ルイちゃん ありがとうね。

スポンサーサイト

テーマ:キャバリア
ジャンル:ペット

コメント

No title

やっとUPできたね。
えらいよ、ルイ姉さん。
あの日ルイ姉さんと別れてから
寂しくて悲しくてはらはらと泣けた。
ルイ姉さんの前では泣いちゃいけないって
私もルイ姉さんと同じように何だか頑張っていたんだ。

ルイちゃんは全部分かっているよ。
だから大丈夫。
ゆっくりゆっくり
これからはルイ姉さんの心の中で
ずっと側で
ルイちゃんとの月日を過ごしていけば良い。
心配いらないよ。
いつ会ったってルイちゃんは可愛い笑顔だったもん。
愛に真心に包まれてたから。

ルイちゃん、私からもありがとう。

No title

息が苦しくなるほどびっくりしました
ルイちゃんに会いたかったです
本当に会いたかった。残念です

ルイ姉さん、悲しみは尽きないでしょうが
ルイちゃんはずっとそばにいると思います
心よりお悔やみ申し上げます

No title

ルイ姉さん、いつも読み逃げでしたがルイちゃんが可愛くて可愛くて
そして心配でいつも読んでおりました。
とてもびっくりしましたが、ルイちゃん自身あまり苦しまずに
旅立つことができたみたいで。。。
私も一度でいいからルイちゃんに会いたかったな。
ふわふわで愛らしくて、ルイちゃんの周りはきっと優しい空気が充満していたのだと想像します。
そんな雰囲気をたくさん伝えてくれたルイちゃんは、ご家族の愛に包まれていたからこそ。
とても幸せでしたね。。。

私からも「ルイちゃんありがとう」と言わせてください。
心よりお悔やみ申し上げます。

No title

ルイちゃんが、いなくなってしまったなんて・・・。
ルイ姉さんのブログを見て、涙してしまいました。
いつか、チロちゃんちで会えると思ってたのに。
ルイ姉さん、つらかったでしょう。
大丈夫でしょうか。少しは落ち着いたでしょうか。
心配です。
でも、ルイ姉さんが泣いてしまうと、ルイちゃんもきっと、心配しちゃうから。
笑顔になってください。
ルイちゃんの、優しい笑顔が大好きでした。
ルイちゃん、今までありがとう。
ルイちゃんのご冥福を心から祈っています。v-22

No title

1年前に、ルイちゃんが調子を悪かった時のブログを見てから
ルイちゃんの様子を気にしつつ、ブログを拝見していました。
持ち直して、とても元気になったんだと安心していたのですが
お別れの日が来てしまったのですね。

今はルイちゃんのことを思い出すと辛く寂しいお気持ちでしょうけど
少し落ち着いたら、ルイちゃんの思い出話をご家族と
たくさんしてあげてくださいね。
それが、一番の供養になるそうです。

最後にルイちゃんの穏やかな優しいお顔を見せてくださって
ありがとうございました。

No title

ルイちゃんありがとう。
ルイちゃんのおかげでルイ姉さんとお友だちになれたこと
とっても感謝しています。
素敵な出会いをもたらしてくれたこと本当に、本当にありがとう。
そしてルイ姉さんありがとう。
星の数ほどのブログの中からミーコを見つけて、コメントくださり
ルイちゃんとお友達になれたこと、ミーコに代わってお礼を申し上げます。
ルイ姉さんにルイちゃんがいたから、私にミーコがいたから
素敵な出会いがあったのだと思います。

こんな素敵な贈り物をくれたルイちゃんにもう一度
「ありがとう」
これからは、たまに雲の隙間からミーコを見に来てください。


ルイちゃん。
会ったことがあって、
ずっとブログでも見てきた近しいキャバちゃんの旅立ちって
私、ルイちゃんが初めてで
うまく言えないけど、 うー って気持ちになっちゃって
ルイねえさんのブログを何度も読んで涙が止まらなくなった

私が会ったのは、
食べたい!食べたい!ってバタバタしてる
食いしん坊の元気いっぱいなルイちゃん

きっとお空でもおいしいものをいっぱい食べて
ルイ姉さんたちを見守ってくれてるよね

ルイちゃん、また会おうね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。